「2020最新」無料利用可のオーサリングソフトTOP 5

伊織 伊織 2020-02-07

「Windows10にはがない!」「思い出に残してきた動画をDVDに作成したいけどDVDオーサリング方法がわからない!」こいう悩みを抱く方は多いではないのでしょうか。そんな場合には、DVDオーサリング業者に頼む必要がなく、オーサリングソフトをインストールすれば済みます。そこで、この記事は無料と有料のオーサリングソフト5選を皆さんにご紹介します。

関連記事:
【すごく簡単】2019詳解 | YouTubeの動画をDVDに焼く方法

【超カンタン】MOV動画をDVDに焼くベストなやり方

オーサリングとは

オーサリングとは、テキストやマルチメディアのデータから、ひとつのコンテンツを作成することです。 または、そのようなコンテンツをDVDなどのメディアとして作成する(焼く)ことです。 一般的に、オーサリングには画像作成や動画編集など幅広い作業内容が含まれます。すなわち、オーサリングの場合は、動画データに加え、メニュー画面、チャプターボタンなどを設定し、字幕などの文字情報、各種言語などの音声データ切り替えできるよう、各種データを組み合わせて、1枚のマスターとなるDVD/BDを作ることを意味します。

オーサリングソフトTOP 1-VideoSolo DVD作成

DVD/BDオーサリングを行う前、R/W対応のドライブ、R/Wのディスクのほか、オーサリングソフトも用意する必要があります。

まずは、使い勝手がいいオーサリングソフトの「VideoSolo DVD作成」をお薦めします。DVD作成と名付けられますが、ブルーレイにも対応できます。Windows7/8/10のほか、Macの対応も可能です。最大の特徴は、難しい専門用語が記載されなくて操作が単純で、初心者でも割と直感で扱えるという点です。

また、DVD書き込み、作成はもちろんのことメニュー付き、言語字幕と音声ドラック選択、不要映像削除(再編集)などが可能です。さらに、高画質でDVD/BDに焼ける数少ないオーサリングソフトの一つです。焼きたい動画を追加>メニューを選択>出力形式を設定といったたった3ステップだけでDVD/BDを焼けるのがこのソフトの魅力です。

VideoSolo DVD 作成のメイン画面

オーサリングソフトTOP 2-DVD Memory

「DVD Memory」はWondershareが販売しているDVDオーサリングソフトです。Windows10の動作環境まで動けますので、ご安心でください。なおかつ、高画質を保ったままDVDオーサリングを行えます。完全無料ではありませんが、無料版と有料版を分けられます。無料版はDVDを焼けると主張しますが、ISOファイルをDVDに焼けないという若干機能が制限されています。また、有料の年間更新版は3980(税込み)で他製品より割高です。DVD Memoryよりも安くて高画質・高性能なオーサリングソフトを求めば、「VideoSolo DVD作成」または無料のオーサリングソフトを利用することがおすすめです。

memoryのメイン画面

オーサリングソフトTOP 3-Windows DVDメーカー

Windows DVDメーカーは、Windowsユーザーのための無料のDVDオーサリングソフトです。面倒なファイル形式の変更もなく、簡単な操作でできるので初心者でも安心です。Windwowsユーザーなら、パソコンの中にすでに入っているソフトなので、新たにインストールしたり購入する必要がないのが人気の秘訣です。(Windows7に収録されますが、Windows10にまだ収録されなく、Windows10をお使いであればオーサリングソフトを用意してください)

デメリット:Windowsしか対応できなくてMacに対応しないので、MacユーザーはMac オーサリングソフトを利用しようと検討してください。動画編集入門用のオーサリングソフトとしてはかなりオススメですが、動画編集に慣れてくると出来ない事が多くて、不自由を感じる事が多くなってくると思います。

WindowsDVDメーカーのメイン画面

オーサリングソフトTOP 4-DVD Style

DVDStylerは、クロスプラットフォームの自由な DVD 作成アプリケーションです。無料のオーサリングソフトとしてDVDメニューの作成、追加動画の開始時間や終了時間を指定した切り出し、DVDへのオーサリングなどの機能を備えて、プロ級の見栄えの DVD を作ることを可能にします。

デメリット:DVD Stylerを使うと無料でDVDまで簡単に作成できますが、動画や写真スライドショーを編集しながら内容をプレビューするからDVDの作成までの一連の流れを1つのソフトでできないのが欠点です。更に、いろいろ細かい設定がありますので、PC初心者にはちょっと扱いづらいではないかと思います。

DVDStylerのメイン画面

オーサリングソフトTOP 5-DVD Flick

DVD Flickは、あらゆる動画ファイルから家庭用のDVDプレーヤーにて再生できるDVDを作成出来るフリーのDVD フリーオーサリングソフトです。Windows10でも使えますが、オーサリング操作が簡単です。

デメリット:操作が楽なのは良いものの、長いこと更新されていないので元ファイルではタイムスタンプ補正無しでも合っている動画でも、VOBファイルへのオーサリングの際にフレームずれが発生する事が多く、結果として、DVDとして見た場合に、音切れや動画フレーム落ち(プレイヤの再生方法によって、不具合は違う)などがよく発生します。

dvdflickのメイン画面

以上はおすすめのオーサリングソフトです。皆さんはオーサリングソフトそれぞれの特徴によって自分にあった使いやすいソフトを利用しましょう。

評価: 4.3 / 5 (合計 63 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
オーサリングソフト

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.