製品一覧 →
  • 目  次

厳選!2017 動画変換無料ソフトオススメトップ10

筆者 星野 毅 2017-05-18

動画を変換したいなら、専用のソフトが必要でしょうね。例えばMOV形式の動画をAndroidスマホで再生できなく、形式問題のせいで動画をYouTubeにアップロードできなかったりしたこともありますよね。これはなぜでしょうか?

実にスマホでも動画共有サイトでも全ての動画形式やコーデックをサポートするわけではありません。動画変換ソフトさえがあれば、この難問を手軽に解けられます。しかしながら、動画変換ソフトで動画を変換するのは難しくないが、使いやすいのは決して簡単なことではありません。

ですから、これから一番使いやすい動画変換無料ソフトをまとめて、動画変換無料ソフトを10つ紹介したいと思います。ソフトの選択に困られる皆さんは是非見逃さないでください。

 トップ1、 VideoSolo 無料動画変換

対応 OS: Windows、Mac

評価:MP4、M4V、MOV、MKV、FLV、VOB、WMVなど300以上種類の形式の動画を相互変換できるソフトです。iPhone、iPad、Sony、Samsung、PS3、Xbox Oneなどの汎用デバイスで再生できる形式も提供します。また、動画にオープニングかエンディングを追加したり、複数の動画を結合したり、2D動画を3D動画に変換することができます。

優れた点:
300種類以上の形式の動画を相互変換できる
高速で複数動画を一括変換可能
手軽に動画を編集

欠点:
DVDリッピングをサポートしない

VideoSolo 無料動画変換
VideoSolo 無料動画変換

VideoSolo 無料動画変換は無劣化で動画を300以上の形式に変換できる無料ソフトです。

無料利用

動作環境: Windows XP - 10

無料利用

動作環境: Mac 10.8 - 10.13

 トップ 2、HandBrake

対応 OS:Windows、Mac、Linux

評価:
HandbrakeはDVD/ブルーレイを変換するフリーソフトとして有名で、その他、MP4、AVI、FLV、MKVなど様々な動画ファイルの変換もサポートします。しかし出力形式はMKV、MP4だけ出力可能です。また、フレームをリサイズやクロッピングする機能、タイトル内の特定チャプターを抽出、変換機能、字幕機能なども搭載します。

優れた点:
対応可能な入力形式が多い
DVDの書き出しをサポートする

欠点:
音声ファイルを変換できない
MKV、MP4にしか変換できない

handbrake

 トップ 3、Freemake Video Converter

対応 OS:Windows

評価:
Freemake Video Converterは、500以上のフォーマットとガジェット間のビデオファイルを変換するための動画変換の無料ソフトです。

YouTube、ニコニコ動画、Dalimotionなどからダウンロードされたストリーミング動画をiPhone、iPad、Sonyデバイス対応の動画形式に変換することが可能です。また、YouTube動画から音声を抽出して、MP3で出力できます。

優れた点:
多言語を提供する
汎用な出力形式かデバイス専用形式を提供する

欠点:
Macバージョンを提供していない
H265コーデックをサポートしない
広告宣伝のソフトをインストールする可能がある

freemake-video-converter

 トップ 4、Any Video Converter

対応 OS:Windows 10/ 8/ 7/ XP/ Vista

評価:
ビデオコンバーターAny Video Converterフリー版は使いやすいインターフェースを持ちながら、様々な動画形式を AVI、WMV、MP4、MPEG-1、MPEG-2、FLV、SWF、3GP や3G2 などの動画形式に変換することもサポートできます。

またYouTubeやニコニコ動画、Dailymotionなど100以上の動画共有サイトから動画ダウンロードする機能、その他カット、回転、クリップ、エフェクト追加、複数の映像を1つのファイルとして組み合わせるなどの動画編集の機能も提供します。

優れた点:
使いやすいインターフェース
対応可能の形式が多い

欠点:
音声遅れが時々ある

any-video-converter

 トップ 5、Format Factory

対応 OS:Windows 10/ 8/ 7/ XP/ Vista

評価:
動画ファイルを携帯、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで再生できるフォーマットに変換、動画や音楽、画像ファイルのフォーマット変換、画像ファイルからアイコンファイルの作成、CDのリッピングやISOイメージファイル作成などができる、高機能な動画変換ソフトです。

優れた点:
汎用な動画/音声形式を変換できる
画像形式を変換できる
メディアファイルを縮小できる

欠点:
インターフェースが古い
変換時間が長い

Format Factory

 トップ 6、携帯動画変換君

評価:
動画ファイルをスマホやPSPなどで再生可能の動画形式に変換できる動画変換ソフトとして、携帯動画変換君はAVI / WMV / MPG/VOB/MOV/FLVなど動画ファイルを3GP/ 3G2/MP4/M4V/ASFなどのスマホ(Docomo/au/SoftBank)、PSP、iPod、WILLCOM等々のモバイル機器で再生できる動画ファイルに一括変換できます。

種によって、少し面倒な設定は必要があるが、任意のビットレートや解像度などで動画を出力できるのでユーザーに愛用されいます。

 トップ 7、MediaCoder

評価:
AVI / MPG / MOV / FLV等の豊富なフォーマットに対応し、ビットレート、音楽のリサンプル画像のリサイズ、クロップ、アスペクト比などの調整が可能。メニューの「Options」⇒「User Interface Language」⇒「Japanese」で日本語化できますが、日本語化パッチを利用すればより快適に使えます。

 トップ 8、Video Time Reversal

評価:
動画ファイルを逆再生動画に変換して保存できるソフトです。変換したファイルは AVI / WMV / MP4 またはオリジナルと同じフォーマットで保存でき、音声を「削除 / 逆再生 / Wav File に保存 / オリジナルの音声を維持」の4パターンから指定することもできます。

フォルダーアイコンをクリックして指定でき、ドラッグ&ドロップで登録し、変換アイコンをクリックして変換できます。

 トップ 9、Video Container Changer

評価:
動画ファイルのコンテナフォーマットを、再エンコードなしで変換するソフトです。H.264 のレベルを調整する機能、フレームレート / アスペクト比 を変更する機能 などが搭載しています。

また、変換が再エンコードなしに行われるということで、処理はより高速&画質劣化なし にできます。

 トップ 10、すーぱー連続動画変換

評価:
音声のみ(MP3 / AAC)の抽出にも対応しています。変換したい動画ファイルをドラッグ&ドロップすると、元の動画ファイルがある場所に Converted という名前のフォルダを自動作成して、変換した後の動画ファイルが保存されます。


ベストな動画変換無料ソフトについての紹介はここまでです。ソフトの優れた点と欠点はそれぞれ貼り付けますので、自分の役に立てる一つくらいがきっとあるのではありませんね。

しかし、無料なソフトはいくら優れても、足りないところもあるので、VideoSolo公式サイトから専門的な動画変換ソフトをダウンロードして、お試しをしてみましょう!

ベストな動画変換の無料ソフト

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.