• 目  次

Mac向け無料利用できのDVDを焼くソフトお勧め

鈴川 霧 鈴川 霧 2019-12-31

Macパソコンで動画をDVDに焼こうとする場合、R/W対応のDVDドライブ、R/WのDVDディスクのほか、Mac対応のDVD作成ソフトが必要です。ネットで検索したら、無料有料のソフトがたくさんあります。一体どっちが使い勝手がいいかと迷っている方は少なくないと考えます。本記事はMac対応の無料DVD作成ソフトをご紹介します。

関連記事:
【すごく簡単】2019詳解 | YouTubeの動画をDVDに焼く方法

【超カンタン】MOV動画をDVDに焼くベストなやり方

MacでDVDを焼くおすすめ作成ソフト

1、使いやすいDVD作成ソフト「VideoSolo DVD 作成
「VideoSolo DVD 作成」はめちゃくちゃ簡単に動画ファイルをDVDに焼けるMac対応定番ソフトです。DVD書き込み、作成はもちろんのことメニュー付き、言語字幕と音声ドラック選択、不要映像削除(再編集)などが可能という初心者でも垂涎の定番DVD作成ソフトです。

また、元の動画画質を保ったままDVDに焼くことができます。焼きたい動画を追加>メニューを選択>出力形式を設定といったたった3ステップだけでDVDを焼けるのがこのソフトの魅力です。

VideoSolo DVD 作成のメイン画面

2、Mac標準のアプリ「iDVD」
「iDVD」は、AppleがOS X 10.6まで利用できたApple純正のDVD作成アプリです。昔は「iDVD」のみで別途DVD作成ソフトをインストールすることもなく、直接MacでDVDを焼くことができるので重宝していた時期もありました。しかし、「OS X 10.7」リリース以降は配布が中止され、最新のMacには「iDVD」を付かないで利用できなくなります。そのため、DVDを焼くする前、まずはMacのリリースを確認しましょう。ちなみに、今Macに向け、配布されている「iMovie」はDVD作成機能無しビデオ編集の機能だけを搭載するように十分注意してください。

idvdのメイン画面

3、音楽再生·管理ソフト「iTunes
「iTunes」はMac専用のムービーや音楽再生·ダウンロードソフトとしてリリースされますが、DVD書込みにも対応するなど、多数の機能が盛り込まれていった。

iTunesのメイン画面

4、完全無料ソフト「Burn
「Burn」もオススメのMac対応無料のDVD書込みソフトです。オススメの理由は表示項目が絞りこまれたインターフェースにより直感的に操作できます。動画や音楽ファイルをBurnの画面上にドラッグ·ドロップし、「ディスク作成」をクリックするだけでDVDを焼くことができます。操作がシンプルですが、すべての表記が英語となりますので、英語が苦手なMacの方におすすめしません。

burnのメイン画面

5、有料DVD書込みソフト「DVD Memory
「DVD Memory」はWondershareが販売しているDVD書込みソフトです。特徴は高画質でDVDを焼くことができます。完全無料ではなく、無料版と有料版を分けられます。無料版はDVDを焼けると主張しますが、ISOファイルをDVDに焼けないという若干機能が制限されています。また、有料の年間更新版は3980(税込み)で他製品より割高です。

memoryのメイン画面

6、 Macのデスクトップ管理アプリ「Finder」
「Finder」とは、削除・移動・コピーといったファイル操作や管理を行うMacに標準搭載されているアプリです。動画をDVDに焼くしかなくて動画編集とメニュー追加を行うことができません。 

memoryのメイン画面

MacでDVDを焼く手順

今回は、機能が申し分ないMac対応ソフトの「VideoSolo DVD 作成」を使ったDVDを焼く手順をご紹介します。準備するものとして、まずは空のR/W対応DVDディスクとドライブを用意します。また、下にあるMac版の「無料利用」で「VideoSolo DVD 作成」をインストールします。

VideoSolo DVD作成
VideoSolo DVD作成

VideoSolo DVD作成は簡単尚且つ高速で、無劣化であらゆる動画をDVDディスクに焼けるソフトです。

無料体驗

動作環境: Windows XP - 10

無料体驗

動作環境: Mac 10.8から

ステップ 1、ソフトを起動してDVDに焼きたい動画を追加する

「メディアファイルを追加」をクリックして、MacからDVDディスクに焼きたい動画をソフトに追加します。焼き用のR/W対応DVDディスクをドライブにセット忘れないように注意してください。R/W対応するDVDをドライブに挿入した後、下にある「保存先」を押して出力先をDVDディスクと指定します。

DVDディスを読み取る

ステップ 2、DVDメニューを作成する

続いて、上部の「編集」ボタンでDVDメニューの作成画面に入ります。左側にある行事、家族と結婚などのテンプレートを無料で提供しています。ユーザー毎の好みによって利用できます。

DVDメニューを設定

ステップ 3、出力形式を設定する

準備ができたら、「作成」ボタンを押します。すると、ソフトは動画をDVDに焼き始めます。

取り込みを開始させる

MacでDVDを焼くソフトのご紹介は以上です。皆さんはソフトそれぞれの特徴によって自分にあった使いやすいソフトを利用しましょう。

評価: 4.3 / 5 (合計 57 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
Mac DVD 焼く

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.