• 目  次

iPhoneの動画をDVDに焼く方法

筆者 星野 毅 2017-09-15

スマホのカメラと言えば、iPhoneのカメラは大人気ですね。最新アップルに発表されたiPhone 8/iPhone Xは1200画素、明るいF2.4のレンズの素晴らしいカメラを搭載します。

撮影の初心者でもプロでも手軽に美しい写真や映像を撮影でき、だれでも撮影を楽しめます。iPhoneで撮影した動画を親友にシェアしたいなら、動画をDVDに焼くことがおすすめです。

iPhoneの動画をDVDに焼く

1、iPhoneの動画をパソコンに転送する

iTunesや他のiPhoneデータ転送ソフトで、iPhoneで撮影した動画をパソコンに転送します。

iPhoneの動画をパソコンに転送

2、「VideoSolo DVD 作成」をダウンロード・インストールする

お持ちのパソコンによって、Win/Mac版の「VideoSolo DVD 作成」をパソコンにダウンロードして、それからインストールします。

VideoSolo DVD作成
VideoSolo DVD作成

VideoSolo DVD作成は簡単尚且つ高速で、無劣化であらゆる動画をDVDディスクに焼けるソフトです。

無料体驗

動作環境: Windows XP·10

無料体驗

動作環境: Mac 10.8 - 10.12

3、焼きたい動画をソフトに追加する

インストールしたソフトを起動して、ソフトの中にある「メディアファイルを追加」ボタンをクリックして、DVDに焼きたい動画をソフトに追加します。

動画をソフトに追加

4、DVDのタイプ、アスベスト比と画質を選択する

もし動画の解像度・フレームレートなどのプロフィールを編集したいなら、右にある歯車ようなボタンをクリックしてください。そして需要によって選択すればいいです。

タイプ、アスベスト比と画質を選択

5、DVDメニューを作成する

すると、DVDメニューの作成画面に入ります。メニューを作成したいなら、このメニュー作成機能で手軽に作成できます。ソフトは無料メニューテンプレートをたくさん提供して、ダブルクリックすれば利用できます。テンプレート中のボタンの移動、文字の編集など調整できます。

「プレビュー」ボタンを押すれば、作成したメニューもプレビューできます。完成した後、「焼く」をクリックしてください。

DVDメニュー作成の必要がないなら、「メニューなし」にチェックを入れて「焼く」をクリックすれば、このステップをスキップできます。

DVDメニューを作成す

6、動画をDVDに焼く

「Discにライディング」にチェックを入れて、挿入したDVDを選択します。最後、「開始」をクリックすると、iPhoneの動画をDVDに焼きはじめます。焼きが完了する前に、操作しないでしばらく待ちください。

動画をDVDに焼く


便利な方法ですよね。「VideoSolo DVD 作成」を使えば、iPhoneで撮影した動画をDVDに焼けるだけでなく、YouTubeの動画をDVDに焼くことも手軽にできます。更にDVDに自分の透かしや字幕を追加することも可能です。


iPhone DVD 焼く

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.