製品一覧 →
  • 目  次

【初心者向け】MacでMP4をDVDに焼く手順

筆者 星野 毅 2018-05-02

MP4は高画質で動画を保存できながらサイズが小さい特徴を持って、スマホやパソコンでもよく使われています。カメラで撮ったMP4動画やインターネットからダウンロードしたMP4動画など、皆さんの端末にもよくMP4の動画を保存しているでしょう。

でも、いかにMP4動画のサイズが小さいとは言え、沢山のMP4動画をパソコンに保存すれば、パソコンの容量を圧迫するのも事実です。特に、Macの容量は限られていますので、Macのユーザーにとって、どのようにMacの容量を取り戻すのも問題になっています。不要のデータを削除する以外、MP4動画をDVDに作成して、MacのMP4動画をDVDに保存するのも解決案です。

MacのMP4動画をDVDに作成せれば、Macの容量を圧迫しなくても、長期的に保存できますし、友達と共有したり、テレビの大画面で鑑賞したりすることもできます。まさに一石二鳥のことだと思います。

でも、DVDに焼くとは言え、どうすればMacのMP4動画をDVDに焼けるのだろうと質問するユーザーも多いです。ここで、自宅でMacパソコンだけで快適にMP4動画をDVD書き込める方法について紹介したいと思います。

「VideoSolo DVD 作成」でMP4動画をDVDに焼く

VideoSolo DVD 作成」を使えば、パソコンの素人でも手軽くMP4をDVDに書き込むことができます。専門のDVD焼きソフトとして、「VideoSolo DVD 作成」は高画質でMP4動画をDVDに書き込むことができます。作成機能の他に、編集機能も搭載されています。自由にmp4動画を編集して、好きなメニュー、BGMをDVDに追加して、個性的なDVD が作成できます。

1、「VideoSolo DVD 作成」をダウンロード・インストール

下のボタンで「VideoSolo DVD 作成」をMacにダウンロードしましょう。

VideoSolo DVD作成
VideoSolo DVD作成

VideoSolo DVD作成は簡単尚且つ高速で、無劣化であらゆる動画をDVDディスクに焼けるソフトです。

無料体驗

動作環境: Windows XP - 10

無料体驗

動作環境: Mac 10.8 - 10.13

2、MP4をアプリに追加

左上の「ファイルを追加する」ボタンでMP4動画をアプリ内に追加します。

MP4をアプリに追加

3、DVDをドライブに挿入する

MP4をDVDに作成するには、R/W対応するDVDが必要です。R/W対応するDVDをドライブに挿入した後、下にある「保存先」を押して出力先をDVDディスクと指定します。また、「書き込み速度」「数量」「DVDタイプ」を需要によって選択すればいいです。

DVDをドライブに挿入

4、MP4の編集

「字幕」ボタンでMP4動画に字幕を追加することができます。また動画品質、アスベスト比の変更は「編集」ボタンで手軽にできます。

字幕を編集

ここで画面回転、動画カット、クロップ、調整、効果、ウォーターマークの追加などの編集機能を利用してMP4動画を編集できます。

DVDメニューを作成

5、MP4動画をカット

MP4動画が長すぎると思うなら、「クロップ」ボタンを押してから、カット機能の右側にある「選択されたクリップ」で具体的な時間を入力してMP4動画の残したい部分をカットできます。

動画をDVDに焼く

6、メニューをDVDに追加

アプリが提供するメニューをDVD追加することで個性的なDVDを作成できます。また、画面の下の選択しにチェックを入れて、ローカルファイルをBGM、オープニングなどとしてDVDに追加することもできます。

メニューをDVDに追加

7、作成の開始

準備ができたら、「作成」ボタンをクリックすると、作成が始まります。完成するまで少々待ちます。

作成の開始

ご覧のように、「VideoSolo DVD 作成」の使い方がとても便利で、簡単にMacのMP4動画をDVDに焼いて、編集機能で個性的なDVDが作成できます。是非「VideoSolo DVD 作成」をダウンロードして、P4動画をDVDに書き込みましょう。

Mac MP4 DVD 焼く

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.