製品一覧 →
  • 目  次

VLC動画をDVDに変換する方法、初心者でも使いこなせます!

筆者 星野 毅 2018-04-26

始める前に、VLCに関する情報を簡単に提供させていただきます。VLC (Video LAN Clientの頭文字)は、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、DivX、MP3、OGG、およびDVD、VCD、および各種のストリーミングプロトコルを含む様々なオーディオおよびビデオフォーマット用の高度にポータブルなマルチメディアプレーヤです。

広帯域ネットワーク上のIPv4ないしIPv6におけるユニキャスト、マルチキャストのストリームのサーバとしても使われます。つまり、VLCはファイルの符号化と復号化に対応できます。

さて、そのようなVLCですが、これらをDVDに焼き保存したいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ライティングソフトがしっかりしていないと、VLCで高速かつ綺麗に変換したファイルを劣化させてしまう恐れがあります。ですから、しっかりとしたサポートのあるソフトウェアが望ましいと思います。私がおすすめするソフトは「VideoSolo DVD作成」です。

こちらのソフトもVLCに負けず劣らず、多彩なフォーマットに対応しており、しかもエンコードするエンジンも強力な物となっています。

高速なDVD作成ソフトでVLCをDVDに変換する方法

まず、下記ボタンをクリックし、「VideoSolo DVD作成」をダウンロードしてください。次、ソフトを起動してください。

VideoSolo DVD作成
VideoSolo DVD作成

VideoSolo DVD作成は簡単尚且つ高速で、無劣化であらゆる動画をDVDディスクに焼けるソフトです。

無料体驗

動作環境: Windows XP - 10

無料体驗

動作環境: Mac 10.8 - 10.13

ステップ1、VLC動画の読み込み

まずはDVDにやくために、VLCファイルをソフトに追加します。

「メデイアファイルを追加」及び「オンラインビデオをダウンロード」のボタンをクリックし、VLCファイルを選択します。

TIP:
ネット上の動画を追加する場合は「オンラインビデオをダウンロード」をクリックして、URLを張り付けてから「分析」をクリックします。次に、ダウンロードする動画のサイズを選択してチェックを入れ「OK」をクリックします。

動画を追加

ステップ2、DVDの挿入と設定

空のDVDを挿入して、ソフトの作成画面に移ります。そして、ご個人の好みによって、画面の下部で作成するメディアの種類とアスペクト比とビデオ画質を選択することもできます。

メニュー

ステップ3、VLCファイルの編集

ソフトへの追加が終了したら、動画を選択して編集を加えることも可能です。動画の編集では「回転」「カット」「クロップ」「効果(21種類)」「調節(音量、輝度、コントラスト、飽和度、色相)」「ウオーターマーク」と色々なことができます。いずれも数回のクリックで簡単に設定できるので、初心者の方でも作業がしやすいと思います。

字VLCファイルの編集

ステップ4、DVDメニューのカスタマイズ

「次へ」のボタンを押したら、メニュー画面の作成ができます。はじめに用意されているメニューテンプレートは「行事、家庭、結婚、旅行、その他」それぞれ3種類の計15種類です。有料版では追加テンプレートをダウンロードできます。ここでBGMの追加や背景の変更、オープニングの追加などができます。気に入ったものができたら「自定義定義として保存」をクリックして保存することができます。そして「焼く」をクリックします。

DVDメニューを作成

ステップ5、VLCをDVDに交換・書き込み

そして、最後の作業であるVLCをDVDに変換&書き込む作業も簡単です。そこに、後で再度DVDに書き込む可能性があるなら「名前をつけてISOを保存」にチェックを入れてデスクトップにでも保存しておくといいです。 設定を確認して問題がなければ、画面右下の「開始」ボタンをクリックします。これで、VLCファイルからDVDへの書き込みが開始されます。

動画をDVDに焼く

複数の動画で作成する場合はかなりの時間がかかりますので、完了後の動作を選択しておいて寝る前にでも仕掛けておくことをおすすめします。

ちなみに完了後の動作は「プログラムを閉じ、PCをシャットダウン」「出力フォルダを開く」「プログラムを閉じる」の3つの中から選択可能です。

みんな、無料で体験して、高速なDVD作成ソフトでVLCをDVDに変換してくださいね~

VLC DVD 変換

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.