製品一覧 →
  • 目  次

AVIをMPEGに変換する最高な方法

筆者 星野 毅 2018-07-10

マイクロソフトが発明したAVI動画ファイルは今、よく見られます。録画する時、AVIで保存する動画もありますね。ところで、AVIはファイルサイズがちょっと大きいです。先日も、あるユーザにAVI形式のゲーム実況動画をMPEGに変換して、動画サイトにアップロードしたいっと言われました。

MPEGと言うのは、動画専門家集団に発明した動画フォーマットです。通常、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4の三つにも分かれています。CD、DVD、ネット配信や携帯端末にもよく使われていますので、汎用性はAVIよりも高いです。また、MPEGは高画質で動画を保存できながら、ファイルサイズが小さいと言うメリットもあります。

ですので、前文のユーザと同じように、配信しやすいため、ファイルを小さくしたい、或いはAVIが対応できない端末で再生する時、AVIをMPEGに変換してみましょう。

ここで、「VideoSolo 無料動画変換」を利用すれば、簡単に変換できますでのもしAVIをMPEGに変換したいなら、是非この記事を読んでください。

「VideoSolo 無料動画変換」でAVIをMPEGに変換してみる

1、「VideoSolo無料動画変換」をダウンロード・インストールする

このソフトはwinとMac版もありますので、下部の「無料体験」でお持ちのパソコンが対応するバージョンをダウンロードします。

VideoSolo 無料動画変換
VideoSolo 無料動画変換

VideoSolo 無料動画変換は無劣化で動画を300以上の形式に変換できる無料ソフトです。

無料利用

動作環境: Windows XP - 10

無料利用

動作環境: Mac 10.8 - 10.13

2、AVI動画を追加

ダブルクリックすることでソフトを起動します。「ファイルを追加」でAVIをソフトに追加します。また、マウスを使って、ソフトにドラックすることでAVIを追加することもできます。

動画を追加

3、MPEG形式を選択

「出力形式」をクリックして、ポップアップから「普通のビデオ」を選択します。ここでMPEG1、MPEG2、MPEG4の形式もありますので、皆さんは自分の場合で適切なMPEG形式を選択しましょう。

そして、「出力フォルダ」で保存先を設定し、「変換」を押します。

出力形式を選択

4、AVIからMPEGへの変換が始まる

変換が完成した後、動画はステップ3で設定した保存先に保存されます。保存場所のファイルを開いてMPEGを再生してみましょう。

動画を変換

どうですか、簡単にAVIからMPEGへの変換ができたでしょう。ちなみに、このソフトはAVIをMPEGに変換できる他、300種類の形式を相互転換することもできます。ですから、興味があれば、是非この強力で実用なソフトをダウンロードして活用してください。

もし直接AVIをDVDに焼く、またはMPEGをDVDに書き込むことで親友と共有してたいなら、弊社の「VideoSolo DVD 作成」も試しましょう。

AVI MPEG 変換

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.