【無劣化】MKVをAVIに変換する方法

筆者 星野 毅 2020-02-23

最近、「友達からもらったMKVを手持ちの端末で再生したら、メディアファイルを正常に再生することが出来ませんと言う表示が出て、どうしたらいいでしょうか困っています」という質問を受けました。

そうですね、MKV(Matroska Video)というファイルは様々な動画、音声、字幕トラックをひとつのファイルに格納できますし、カラオケのように音声や映像にあわせて字幕の色を変えるなどの機能もありますね。でも、最新のプレイヤーにはサポートされない場合もあるようです。

もし手持ちの端末ではMKVをサポートしないなら、AVIみたいな広く色んな環境との互換性がある形式に変換してから再生する方がいいと思います。

MKVをAVIに変換するために、ここで「VideoSolo 究極動画変換」を皆さんに推奨します。「VideoSolo 究極動画変換」は一切複雑な手順がなし、パソコンに苦手な方でも簡単に操作を通じてMKVを劣化せずにAVIに変換できます。

MKVをAVIに変換する

VideoSolo 究極動画変換」は300種類以上の動画、音声ファイルを相互転換にサポートできながらもファイルを無劣化に変換できます。さらに、一括変換の機能を使えば、複数の動画を同時に変換することで、ユーザーの時間を節約できます。早速「VideoSolo 究極動画変換」のやり方を見てみましょう。

1、「VideoSolo 究極動画変換」をダウンロード・インストール

下のアイコンを押すことで「VideoSolo 究極動画変換」をダウンロードします。

VideoSolo 究極動画変換
VideoSolo 究極動画変換

動画変換、動画編集、動画圧縮、またはGIF作成など実用機能を搭載する多機能なソフト

  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 実用的な動画編集機能が満載
  • 動画圧縮・GIF作成に対応
  • 「超高速・無劣化」の形式変換
今すぐ利用

Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.8から

2、MKVファイルを追加する

インストールされたソフトを実行、中にある「ファイルを追加」ボタンまたはソフト画面の真ん中にある「+」ボタンでMKVファイルをソフトに追加します。また、ファイルをソフトにドラックすることでもファイルの追加もできます。

変換したいWMA・MP3を追加

3、出力形式をAVIに選択する

「出力形式」を押すると出力形式メニューが現れます。AVIに変換する場合、「ビデオ」のカテゴリー別から「AVI」を選択してください。

WMA・MP3を需要によって選択

4、変換を始める

「保存先」ボタンで、出力先を指定することができます。準備が終わったら、「すべて変換」ボタンを押すると、変換が始まり、指定されたところに出力します。完成するまで少々お待ちください。

変換開始

以上たった4つのステップだけで、手軽くMKV をAVIに変換しました。また、もしテレビなどの大画面でMKVの多チャンネル動画や音声、字幕の機能を楽しめたいなら、「VideoSolo DVD 作成」もおすすめします。「VideoSolo DVD 作成」は無劣化に動画の音声、画質をDVDに作成できることで視聴者に最高の鑑賞体験をもたらせます。

評価: 4.3 / 5 (合計 57 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
MKV AVI 変換

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.