製品一覧 →
  • 目  次

【初心者向け】最適なパソコンで動画をブルーレイに変換・焼く方法

筆者 星野 毅 2018-11-12

Blu-ray(ブルーレイ) ディスクはDVDの後継となる光ディスクであり、DVDより5倍以上の記録容量(1層25GB、2層式ディスクの場合は50GB)が実現しているため、高画質・高音質での録画・再生が可能です。

Blu-ray

普通のDVDの解像度は約35万画素で、ブルーレイディスクは207万に対応します。これで、家でも映画館のように高画質のHD動画を楽しむことができます。近年、レンタル屋や動画ディスク販売店にはブルーレイディスクが大人気になっています。

では、家で自分でブルーレイ動画を作成できるのでしょうか?お気に入りの動画をブルーレイプレーヤーで視聴しようとしたら、どうしよう?

動画をブルーレイに変換・焼くのは見た目が複雑そうですが、実は初心者でも手軽に扱えます。今回はは初心者向けの最適な動画をブルーレイに変換・焼く方法を皆さんに紹介しようと思います。

動画をブルーレイに変換・焼く

動画をブルーレイに変換・焼きたいなら、ブルーレイ作成専用のソフトが必要です。ここで「VideoSolo DVD 作成」というブルーレイ焼きソフトを紹介します。名前はDVD作成用のソフトウェアですけど、ブルーレイ動画の作成も対応しています。分かりやすいインタフェースを搭載しているため、パソコンの素人でも使えます。では次のステップに従って、家でも動画をブルーレイに変換・焼く方法を勉強しましょう。

1、「VideoSolo DVD 作成」をダウンロード・インストールする

まずはパソコンのシステムによって、下の「無料試用」ボタンで「VideoSolo DVD 作成」をパソコンにダウンロードします。それから、プログラムを起動してインストールしてください。

VideoSolo DVD作成
VideoSolo DVD作成

VideoSolo DVD作成は簡単尚且つ高速で、無劣化であらゆる動画をDVDディスクに焼けるソフトです。

無料体驗

動作環境: Windows XP - 10

無料体驗

動作環境: Mac 10.8 - 10.13

2、ブルーレイに焼きたい動画を追加

ソフトを実行させ、「ブルーレイ 作成」を選択します。

ブルーレイ 作成

そして「メディアファイルを追加」ボタンで、パソコンからブルーレイディスクに焼きたい動画をソフトに追加します。

メディアファイルを追加

3、ブルーレイディスクをセットする

R/W対応のブルーレイディスクをR/Wブルーレイドライブにセットしてから、ソフトはディスクの見積容量が表示します。そしてご利用のブルーレイディスクの仕様によって、「ディスク タイプ」から「BD-25(25GB)」又は「BD-50(50GB)」を選択してください。また、需要によって「アスベスト比」「ビデオ画質」を選択してください。

完成したら、「次へ」をクリックします。

ご注意:
ブルーレイディスクの作成はR/W対応のブルーレイディスク及びR/Wブルーレイドライブが必要ですので、事前にご用意ください。

ディスク タイプ

4、ブルーレイメニューを作成する

次はブルーレイメニューの作成画面に入ります。このソフトは家族、旅行などのテンプレートを無料・たくさんに提供します。皆さんはそのテンプレートをクリックすれば、すぐ利用できます。

また文字、ボタンの場所なども編集することができます。もしブルーレイメニューは不要の場合、「メニューなし」にチェックを入ればいいです。準備ができたら、「次へ」をクリックします。

ブルーレイメニュー

5、動画をブルーレイに変換・焼く

すると、最終確認画面に入ります。この画面で出力先、再生モードなどをチェックすることができます。

再生モード

確認が終わったら、「開始」を押すと動画をブルーレイ形式に変換してからブルーレイディスクに焼き始まります。完成するまで少々お待ちください。

動画をブルーレイに焼く

超簡単でしょう!5ステップで手軽に動画をブルーレイディスクに焼くことができます。ブルーレイプレーヤーで家のテレビでもHD動画を楽しめます。「VideoSolo DVD 作成」は無料試用版があるので、興味があればぜひ気軽にご利用ください。

ブルーレイ 変換 焼く

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.