製品一覧 →
  • 目  次

WMV動画をDVDに変換・書き込む方法

筆者 星野 毅 2017-12-19

WMVはMP4などの動画形式のよう、現在よく使われる形式で、オンライン配信動画、映画などによく使われています。

ネットからダウンロードしたなどのWMV映画をDVDプレイヤーで再生したいなら、この場合はDVD作成ソフトで手軽にできます。ここで、VSJPの「VideoSolo DVD作成」でのDVD書き込み方法を皆さんに紹介しよう。

Win/Mac対応の「VideoSolo DVD作成」はDVD書き込み専用のソフトです。他の複雑なソフトではなく、このソフトはわかりやすいインタフェースを搭載するので、初心者でも手軽に動画をDVDに書き込むことができます。

また、字幕、音声ドラックも手軽に追加でき、無料DVDメニューテンプレートもたくさん無料提供します。実に便利・実用なソフトだから、皆さんにオススメします。

WMV動画をDVDに書き込む

1、ソフトのダウンロード・インストール

ご利用のパソコンパーションによって、WinあるいはMacの「無料試用」ボタンを押してソフトをパソコンにダウンロードしてから、インストールを行ってください。

VideoSolo DVD作成
VideoSolo DVD作成

VideoSolo DVD作成は簡単尚且つ高速で、無劣化であらゆる動画をDVDディスクに焼けるソフトです。

無料体驗

動作環境: Windows XP - 10

無料体驗

動作環境: Mac 10.8 - 10.13

2、書き込み可能のDVDディスクをセットする

その後、書き込み可能のDVD作成ドライブをケーブルでパソコンと接続します。それから書き込み用のDVDをドライブにセットします。

3、ディスクのタイプ、動画画質とアスペクト比を選択する

それで、インストール済みのソフトを実行した後、ソフトはDVDディスクの見積容量を表示します。そして、下にある選択欄に、ディスクのタイプ、動画画質とアスペクト比を需要によって選択してください。

アスペクト比を選択

4、WMV動画をソフトに追加する

メイン画面にある「メディアファイルを追加」ボタンで、DVDに書き込みたいWMV動画をソフトに追加します。完成した後、「次へ」をクリックしてください。

WMV動画をソフトに追加

5、DVDメニューを作成する

すると、DVDメニューの作成画面に入ります。「VideoSolo DVD作成」は家族、旅行などのテンプレートを無料・たくさんに提供します。皆さんはそのテンプレートをクリックすれば、すぐ利用できます。

また文字、ボタンの場所なども編集することができます。もしDVDメニューは要らない場合、「メニューなし」にチェックを入ればいいです。準備ができたら、「次へ」をクリックします。

DVDメニューを作成

6、WMV動画をDVDに書き込む

その後、最終確認画面に入ります。皆さんはご確認した後、「焼く」ボタンをクリックすれば、WMV動画をDVDに変換してから書き込みが始まります。書き込み中にはDVDドライブを操作しないでください。

動画をDVDに焼く


以上です。「VideoSolo DVD作成」はWMV、MP4などの動画をDVDに焼けるの他、YouTubeなどのオンライン動画サイトの動画をDVDに書き込むこともできます。お役に立てば光栄です


WMV DVD 変換・書き込む

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.