製品一覧 →
  • 目  次

【一番簡単】Windows Vistaで動画をDVDに焼く手順

筆者 星野 毅 2018-04-23

皆さんはWindows Vistaということが知っていますか。Windows VistaはMicrosoftにより2005年に開発されたオペレーティングシステムです。でも、10年ぐらいしか経ってない2017 年になると、MicrosoftがWindows Vistaへのテクニカルサポートやコンテンツの更新を終了しました。

ところで、まだWindows Vistaを使っているユーザーもいるではありませんか。テクニカルへのサポートがないと、起きた故障やエラーが修復できなくなったらどうしましょう。

例えば、Windows Vistaに保存した動画をDVDに作成する時。Windows VistaにはDVDを作成するのにWindowsムービーメーカーを標準搭載されていますが、起きたエラーがマクロの技術サポートで修復されないため、Windows Vistaの好きな動画をWindowsムービーメーカーで順調にDVDに焼けないかも知れません。

しかも、Windows Vista標準搭載のWindowsムービーメーカーは使う手順が少し多くて、上級者の方に向いていると思います。

ここで、「VideoSolo DVD 作成」を使って、初心者にとってより簡単でWindows Vistaの動画をDVDに書き込める方法を紹介します。パソコンの苦手な方や、何らかの原因でWindow Vista標準搭載されているWindowsムービーメーカーがうまく動作しないユーザーに推奨します。

Windows Vistaで動画をDVDに焼く

1、「VideoSolo DVD 作成」をダウンロード・インストール

下のアイコンを押すことで「VideoSolo DVD 作成」をWindows Vistaにダウンロードします。

VideoSolo DVD作成
VideoSolo DVD作成

VideoSolo DVD作成は簡単尚且つ高速で、無劣化であらゆる動画をDVDディスクに焼けるソフトです。

無料体驗

動作環境: Windows XP - 10

無料体驗

動作環境: Mac 10.8 - 10.13

2、動画ファイルを追加

「メディアファイルを追加」アイコンを押します。ポップアップでDVDに書き込みたい動画を選択して、「開く」アイコンでソフト内に追加します。

動画を追加

3、DVDをドライブに挿入

R/W対応のDVDをドライブに挿入します。DVDの容量が見られます。DVDタイプを選びます。

メニュー

4、動画を編集する

ソフトの編集機能でWindows Vistaの動画を編集できます。ホーム画面の「字幕を追加と編集」選択しで字幕を動画に追加できます。

字幕追加と編集

マジックステッキようなアイコンをクリックすると、編集の画面に入ります。ここで、Windows Vistaの動画を回転、カットできます。

編集画面に入り

ソフトが提供する20種類以上の効果を動画に追加することもできます。

効果

無断転載されないように、右側の「テキスト」で文字を入力して、ウォーターマークを動画に追加できます。そして、「適用する」アイコンを押して、メイン画面に戻って、「次へ」を押します。

ウォーターマークを追加

5、メニュー、オープニングを追加する

ソフトが提供する結婚、などのテーマのメニューを追加したり、ローカルファイルをバックグラウンドミュージックやオープニングとしてDVDに追加することもできます。

DVDメニューを作成

6、作成を始める

「DVDにライディング」にチェックを入れて、「開始」アイコンを押します。

DVDにライディング

すると、Windows Vistaに保存した動画がDVDへ書き込み始まります。サイズによって、書き込む時間も違いますが、DVDへの焼きが完成するまで待ちます。

動画をDVDに焼く

VideoSolo DVD 作成」は自宅で安全かつ手軽く動画を高画質、高音質でDVDに書き込みことができるだけでなく、編集機能で自由にメニューやオープニングをDVDに追加して、高級感のあるDVDをカスタマイズすることもできます。Windows Vistaを対応できる他、Windows7/8/10、も対応できますし、Mac版もあります。是非適応なバージョンをダウンロードして、動画をDVDに焼きましょう。

Windows Vista DVD 焼く

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.