製品一覧 →
  • 目  次

【オススメ】Lineの動くアイコンを作成するやり方

筆者 星野 毅 2017-12-05

LINE パーション6.6.0以降では動くアイコンに対応する機能を追加しているので。以前よりもっと自分の個性を表現することができます。また自撮りの動画とスマホに保存している動画も利用でき、6秒以内動画をしか利用できなくても十分だと思います。

本記事では、Lineの動くアイコンを作成するやり方を紹介します。

 スマホでLineの動くアイコンを設定する

方法一、動画を撮影して動くアイコンを作成する方法

Lineが提供した無料のカメラアプリ「egg」を使えば、手軽に動画を撮影して動くアイコンを設定することができます。

1、カメラアプリ「egg」をスマホにダウンロードしてからインストールする。
2、LINEを実行、「プロフィール設定」そして自分のアイコンをタップする。
3、「動画撮影」を選択してから「egg」をタップして起動実行する。
4、「egg」で6秒間の動画を撮影した後、「OK」をタップする。
5、動画の長さを選択して、「NEXT」をタップする。
6、そして動画が再生されない時表示される画像を選択して、「OK」をタップする。

方法二、アルバムの動画で動くアイコンを設定する

ご利用のスマホのアルバムはアイコン用の動画がある場合、設定方法は以下通りです。

1、LINEを実行、「プロフィール設定」そして自分のアイコンをタップする。
2、「写真/動画を選択」をクリックすると、アルバムは自動に表示される
3、写真を選択してから動画の長さを選んで、「完了」をタップする。

以上はスマホでLineの動くアイコンを設定する方法です。もしパソコンに保存してる動画をLine用の動くアイコンに作成したいなら、弊社の「VideoSolo 動画 GIF 変換」は役に立てます。

 「VideoSolo 動画 GIF 変換」で動くアイコンを作成する

動くアイコンは実はGIF動画だから、GIF作成ソフトで手軽に作成することができます。弊社の「VideoSolo 動画 GIF 変換」は完全無料・初心者向けのソフトだから、誰でも手軽に動くアイコンを作成できます。

1、「VideoSolo 動画 GIF 変換」をダウンロード・インストールする

お持ちのパソコンパーションによって、Win/Mac版の「VideoSolo 動画 GIF 変換」をパソコンにダウンロードしてから、インストールしてください。

VideoSolo 動画 GIF 変換
VideoSolo 動画 GIF 変換

VideoSolo 動画 GIF 変換は完全無料であらゆる動画を自由にGIFアニメーションに変換できるソフトです。

無料利用

動作環境: Windows XP - 10

無料利用

動作環境: Mac 10.8 - 10.13

2、作成したい動画を追加する

インストール済みのソフトを実行、「ファイルを追加」ボタンで動くアイコンを作成したい動画をソフトに追加します。

動画ファイルを追加

3、動画を6秒以内にカットする

Lineの動くアイコンは6秒以内の動画にしか対応できませんので、動画を6秒以内にカットしてください。

ソフトもカット機能を搭載するので、この場合「カット」ボタンを押してください。スライダーを移動すれば、カットしたいエリアを選択することができます。その後、「カット」ボタンをクリックします。

カットが完成したら、「OK」をクリックするとホーム画面に戻ります。

クリップをカット

4、動くアイコンを作成する

「保存先」ボタンで出力フォルダを指定することができます。準備ができたら、最後「変換」ボタンをクリックすれば、作成が始まります。成功した後、保存先は自動に開かれます。

変換を開始

5、動くアイコンを設定する

iTunesなどのデータ転送ソフトで、作成した動画をご利用のデバイスに転送してください。それからパート2の方法二に従えば設定することができます。

以上です。完全無料の「VideoSolo 動画 GIF 変換」は実に便利なソフトで、動くアイコンを作成できるだけでなく、Line用のGIF動画も手軽に作成できます。興味があれば、ぜひご覧ください~~

Line アイコン 作成

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.