ブルーレイのダビング方法 | おすすめのソフト5選

筆者 星野 毅 2019-01-22

市販、レンタルのブルーレイをダビングしたいと思ったことがありますよね。しかし、普通にブルーレイにコピーガードがかかっているので、コピーガードを解除するソフトを利用しないとダビングできません。

そこで今回は、ブルーレイをダビングできるソフトランキングを作成します。ブルーレイをダビングしたいあなたは、絶対に見に通しておこう。

オススメ記事:
【超便利】ブルーレイを手軽に複製する方法

ブルーレイのバックアップ方法【初心者向け】

1、VideoSolo BD-DVD リッピング

VideoSolo BD-DVD リッピング」とはDVD、Blu-rayのコピーガードを外せて、PCやiPhoneなどのデバイスで再生できる形式に変換するソフトです。有料ダビングソフトの中に一番安いです。

対応OS :Windows 10/8.1/8/7 、Mac 10.7

特徴:
●ほぼ全てのコピーガードに対応
●DVDやBlu-rayの両方をダビングできる
●簡単に動画を編集できる
●音声トラックと字幕を切り替えられる
●ダビング後の画質はあまり劣化しない
●30日間の無料試しがあり

videosolo

2、MakeMKV

MakeMKV」はDVDやブルーレイのデータをMKV形式に変換できるソフトです。「bata」版の間はすべての機能が無料で使えます。現在フリーソフトとして公開中になります。

対応OS:Windows XP/Vista/Win7(32bit、64bit)x86、Mac 10.5以降

特徴:
●最新のAACSやBD+のプロテクト解析可能
●BDAVやCPRMの解読は無理
●不要な動画を取り除ける
●動画をチャプターできる
●オーディオトラックを選択できる

windows標準

3、Leawo Blu-rayコピー

Leawo Blu-rayコピー」では保護技術AACSの解除をサポートしており、Blu-rayのデータを空のディスク、BDフォルダやISOイメージファイルにダビングできます。

対応OS:Windows XP/Vista/7/8/10

特徴:
●Cinavia保護技術を解除できない
●動画のプレビュー機能を搭載する
●圧縮機能が付き
●フォルダ/ISOファイルへの出力が可能

vlc-player

4、AnyDVD HD

AnyDVD HD」はブルーレイディスクの解析とダビングをすることができる専門ソフトです。

対応OS :Windows 98/98SE/ME/2000/XP/Vista/7(64bit OS可)

特徴:
●CPRMが付いたブルーレイをダビングできない
●50Gを25Gに圧縮する機能がある
●21日間の試用期間があり
●試用期間中は最新のプロテクトに対応しない

mpc-be

5、HandBrake

「HandBrake」は無料でDVDやブルーレイをMP4動画ファイルに変換する海外製のソフトです。先に挙げたソフトと違って、コピーガードを解除することができません。

対応OS :Winows Vista以降、Mac V10.7以降(64ビット)、Linux

特徴:
●動画を圧縮することができる
●字幕の切り替えが可能
●変換後の動画をプレビューできる
●英語表記で、日本語化にする必要がある(日本語版のダウンロードはこちら

Quicktime

まとめ

ブルーレイのコピーガードを解除、ダビングするソフトはたくさんあります。市販のブルーレイをダビングできる無料ソフトはほぼないと思います。

挙げたダビングソフト以下にまとめますので検討してみてください。

5Kplayer

以上です。ブルーレイだけではなく、DVDをダビングしたい方が多いでしょう。DVDをダビングする際、過去記事「DVDコピーソフト比較ランキング」をご参考ください。

評価: 4.2 / 5 (合計 60 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
ブルーレイ ダビング

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.