• 目  次

どういう風にブルーレイをダビングできますか?!「方法必読」

筆者 星野 毅 2019-01-22

市販、レンタルブルーレイのダビングをやってみたことがある方は、なかなか思うようにブルーレイをダビングできないことがご存知でしょう。なぜなら、無断複製を防ぐためにブルーレイディスクにコピーガードがかかっているからです。

市販、レンタルのブルーレイダビングは絶対無理わけではありません。ブルーレイを円滑にダビングしようとしたら、コピーガードを解除できるソフトをインストールすればいいです。本記事はブルーレイをダビングできるソフト2選をご紹介します。

関連記事:
【簡単且つ安全】レンタルDVDをリッピングする方法とは?

Windows 7/8/10対応!ブルーレイを再生できるソフト

有料ソフトでブルーレイをダビングする

お薦めの有料ソフトは「VideoSolo ブルーレイ コピー」です。「VideoSolo ブルーレイ コピー」とはコピーガードを解除でき、レンタルBDをブルーレイディスク、ブルーレイフォルダーまたはISOイメージファイルにダビングできます。

ちなみに、ISOイメージファイルとしてPCに保存する動画は、時々うまく再生できない恐れがあります。万が一再生できないと、「ブルーレイISOを再生する方法」を参考してやってください。

「VideoSolo ブルーレイ コピー」の特徴は次の通りです。

・最新のAACSなどコピーガードに対応
・市販、レンタル、自作、テレビ番組録画したBDとも対応
・コピーモードは4種類を提供
・圧縮してダビング可能
・直感的なインタフェース

1、「VideoSolo ブルーレイ コピー」をダウンロード·インストールする

下にある「無料試用」ボタンで「VideoSolo ブルーレイ コピー」をダウンロード·インストールしましょう。

VideoSolo ブルーレイ コピー
VideoSolo ブルーレイ コピー

1:1の比率で市販・レンタル・録画のブルーレイ動画をBDディスク、BDフォルダーまたはISOファイルにコピーできるソフト。

無料体驗

動作環境: Windows XP - 10

2、ソースブルーレイをロードする

BDドライバとパソコンにセットしてから、 ダビングしたいブルーレイディスクをドライバに入れます。その後、「VideoSolo ブルーレイ コピー」を起動します。左上の「ファイル」でブルーレイディスク又はブルーレイフォルダをロードします。

ブルーレイディスクを追加

3、ブルーレイコピーモードを選択する

画面の左側に4種類のコピーモードがあります。ご需要によってブルーレイコピーモードを選んでください。

コピーモード

フルディスク:ソースディスク中のデータ全体をダビングすることです。1:1の圧縮比率「BD-50」又は1:2の圧縮比率「BD-25」で圧縮可能です。

フルディスク

メインコピー:ソースディスク中のタイトルがすべて表示され、お好みによってタイトルを選択してダビングできます。

メインコピー

クローン:1:1の比率でブルーレイディスクを完全にコピーすることです。

データを書き込む:ブルーレイフォルダを空のブルーレイディスクにダビングすること、或いはブルーレイISOファイルを作成することです。

4、出力タイプを選ぶ

それから、上側の「ターゲット」で出力タイプを選んでください。出力タイプは三つがあります。

「空のブルーレイディスク」:ソースディスクを空のブルーレイディスクにそっくり焼くことです。

「BDフォルダとして保存する」:ソースディスク中のデータをBD形式のファイルとしてパソコンに保存することです。

「ISOとして保存する」:複数のDVDデータを同梱されて1つのファイルとして保存出来ることです。

出力タイプを指定

5、ブルーレイダビングを始める

最後、ボリュームラベル、ターゲットサイズと部数の設定を行います。設定が終わったら、「スタート」をクリックします。すると、ブルーレイダビングが始まります。

出力を開始

ご注意:空のブルーレイディスクとして保存する場合には、ダビング作業の途中で、空のディスクを挿入してくださるポップアップが出てきます。その時、ご提示にそってディスクを入れ替えてください。

ディスクを入れ替える

ちなみに、ブルーレイをDVDにダビングしたい方もいるようです。まずは「VideoSolo ブルーレイ コピー」でブルーレイをISOファイルにダビングします。そして「VideoSolo DVD 作成」でISOファイルをDVDに焼いてください。

無料ソフトでブルーレイをダビングする

ブルーレイコピーに対応する無料ソフトと言えば、「MakeMKV」は有名なソフトです。この無料ソフトを使えばレンタル・市販のブルーレイをMKV形式に出力することができます。最新パーション1.6.2は2010年11月にリリースされました。このソフトの特徴は以下通り:

・最新のAACSとBD+でプロテクトされたディスクの読込み可能
・HDオーディオを含む全ての音声・映像トラックを保存可能
・チャプター情報の保存
・全てのオーディオタイプ、言語トラックも保存

MakeMKV

でも「MakeMKV」は大量の専門用語があり、パソコンの初心者によって最適な選択だと思いません。なお、出力形式はMKVしかないので、iPhone、スマホで視聴したい方によって他の動画変換ソフトが必要で、ちょっと不便だと思います。また、MKVファイルのサイズは大きいで、ブルーレイコピーの必要時間が多過ぎる場合はよくあります。具体的やり方は次の手順を参考にしてください。

①、MakeMKVを起動、ブルーレイをドライブにセット
②、上にメニューにある「バックアップ」ボタンを押す
③、出力先を指定してから「OK」をクリック
④、完成するまで少々お待ちください。

ブルーレイをダビングするソフトの紹介は以上です。
お薦めの二つのソフトはご希望通りにブルーレイをダビングできますが、残念ながらDVDに対応できません。もしDVDをコピーしたい場合には、「VideoSolo DVD コピー」を利用することがお薦めです。もちろん、コーピーガードがかけるDVDにも対応できます。

ご興味があれば、さっそくダウンロードして使ってみましょう。

評価: 4.3 / 5 (合計 58 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
ブルーレイ ダビング

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.