ブルーレイのバックアップ方法【初心者向け】

鈴川 霧 鈴川 霧 2019-11-21

光学ディスクはいつでも動作するものではありません。特にBlu-rayはDVDよりも耐久性が低いです。データが破損してしまう物理障害により、いつか再生しなくなる事があります。

しかし、ブルーレイをバックアップしておけば、必要な時に故障したり、紛失したりするような事態を防ぐことができます。そこで今回は、ブルーレイをバックアップする方法について解説していきます。

関連記事:
【簡単且つ安全】レンタルDVDをリッピングする方法とは?

Windows 7/8/10対応!ブルーレイを再生できるソフト

バックアップについて

別の空のBDディスクにバックアップするのは主流です。しかし、BDディスクの保存が面倒だし、一様に光学ディスクで、汚れ·湿気·紫外線の影響も受けやすいし、ここではあまりすすめません。重要なブルーレイのデータを複数メディアとなるのが最善策だと思います。動画ファイルとしてバックアップしておけば、いつかブルーレイディスクが壊れてしまっても安心といえるでしょう。

ブルーレイ以外、大切なDVDをバックアップしたいと思ったことがありますよね。その際、関連記事「DVDをコピーする方法」をご参考ください。

ブルーレイのバックアップする方法

バックアップする為に、バックアップソフトが必要です。「VideoSolo BD-DVD リッピング」を使えば、ブルーレイのバックアップが簡単にできます。「VideoSolo BD-DVD リッピング」とは、DVDやBDなどの動画を、PC、iPhoneやandroidなどの端末で再生できる形式に変換できるソフトです。MKV、MP4、MOVなどが挙げられます。

さっそく、ブルーレイのバックアップする方法についてみていきましょう。

1、「VideoSolo BD-DVD リッピング」をダウンロード·インストールする

下にある「無料試用」ボタンで「VideoSolo BD-DVD リッピング」をダウンロード·インストールしましょう。

VideoSolo BD−DVDリッピング
VideoSolo BD−DVDリッピング

DVD・BDをリッピングしてMP4、MKVなどの汎用動画形式に変換できる実用なソフト

  • DVD・ブルーレイに対応
  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 無損失の出力は可能
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載
今すぐ利用

Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.8から

2、ブルーレイディスクを追加する

そして、メイン画面の「ブルーレイ追加」ボタンをクリックして、ブルーレイディスクを読み込ませます。

ブルーレイディスクを追加

3、動画タイトルを選択する

ブルーレイを読み込みましたら、メイン動画が自動的に検出されます。ほかの動画をバックアップしたいと、「ムービリスト」から選択できます。

コピーモード

4、出力形式を選択する

その後、「出力形式」ボタンがを通じて対応形式がリストで表示されます。その中から変換後のファイル形式を選択してください。ここで普及しているMP4がおすすめです。

出力タイプを指定

また、動画の解像度やビットレートなどの細かい設定を調整したいと、各形式の右にある設定ボタンで実現できます。

細かい設定

5、変換ボタンを押す

最後の段取りです。「保存先」でファイルの出力先を設定して、「すべて変換」ボタンをクリックします。すると、ブルーレイのデータをメディアとしてバックアップされます。

変換にお時間がかかりますので、完成するまでに少々お待ちください。

出力を開始

ブルーレイをバックアップする方法は以上でした。ブルーレイをバックアップしたい方は今すぐ覚えておきましょう。

評価: 4.3 / 5 (合計 58 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
ブルーレイ バックアップ

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.