「2020年」Windows DVDメーカーのダウンロードと使い方

伊織 伊織 2020-02-14

最近では、動画を扱うことがますます増えてきます。DVDオーサリングにはWindows標準のWindows dvd メーカーが便利ですが、パッと見では分かりづらい場所にあります。または、Windows10にアップデータするとWindows dvd メーカーが使えなくなります。この記事にはWindows dvd メーカーの使い方とWindows10での起動ができない時の対策についてご解説します。

オススメ記事:
「必見!2019最新」最強のDVDコピーソフト比較ランキング

おすすめのブルーレイをリッピング・コピーできるソフトTOP5

Windows dvd メーカーのダウンロードとWindows 10での起動

OS:Windows Vista Home Premium / Ultimate、Windows 7
上記のOSに標準でWindows dvd メーカーが付いていますので、別途ダウンロードする必要がありません。Windows 7以降(Windows 10/8) では Windows DVD メーカーがサポートされていないようご注意ください。Windows 10をお使いである場合、DVDディスクを作成するには、特別アプリを使用します。なお、Macをお使いである方は、Mac向けDVD作成ソフトをご参考ください。

Windows dvd メーカーの使い方

1、Windows DVD メーカーを起動して動画を追加する

Windows DVD メーカーを起動すると、下の画面が表示されます。画面の左上に「項目の追加」でDVDを作成したい動画を読み込みます。素材の再生順を調整したい場合は、ツールバー上にある「↑」「↓」ボタンを使い、適宜並べ替えを行っておきます。右下にある「オプション」によりDVDの再生設定とアスペクト比(横×高さ)などを設定できます。

動画を追加

2、メニューを追加する

動画への追加が準備完了したら、「次へ」ボタンを押します。すると、DVDメニューのテンプレートが表示されます。好きのメニュースタイルを選択します。メニューテキストをクリックして、DVDフォント、DVDタイトルや再生時のテキストを設定できます。

メニューを追加

3、DVDをプレビューしてみる

ディスクへの書き込みを行う前に、作成される DVD をプレビュー再生してみます。DVD の内容をプレビューしてみたい場合は、左上にある「プレビュー」をクリックしてみます。

dvdプレビュー

4、DVDへの書き込み

いよいよDVDの書き込みを行います。最初設定の画面に戻し、DVD書き込み用ドライブから目標DVDディスクを選択します。「書き込み」をクリックしてDVDへのオーサリングが開始されます。

Windows dvd メーカーの代わりに

先ほども述べましたが、Windows 7付属のプログラムであるため、市販のアプリケーションのように単独製品として別途購入する必要がありません。しかし、Windows dvd メーカーはWindows 10に対応されません。なおかつ、他の常駐ツールやドライバーとの協調性に乏しく、システム構成に起因してエラーを起こしやすい。だから、Windows dvd メーカーの代わりにVideoSolo DVD作成を利用することがお薦めです。

VideoSolo DVD作成は、難しい専門用語が記載されないDVD作成ソフトです。このソフトを使うと、VideoSolo DVD作成でも何の支障もなくDVDを作成できます。それに、システムとの相性が良いし、作動が軽いのでご安心ください。Mac版とWin版も用意されており、作動環境による下にある「無料試用」ボタンでソフトをダウンロードすることができます。

「VideoSolo DVD作成」はMac版とWin版も用意されており、作動環境による下にある「無料試用」ボタンでソフトをダウンロードすることができます。

VideoSolo DVD作成
VideoSolo DVD作成

VideoSolo DVD作成は簡単尚且つ高速で、無劣化であらゆる動画をDVDディスクに焼けるソフトです。

無料体驗

動作環境: Windows XP - 10

無料体驗

動作環境: Mac 10.8から

ソフトを起動して、たった3ステップだけでDVDを作成できる定番のソフトです。

1、DVDに書き込みたい動画を追加する

「メディアファイルを追加」をクリックして、DVDディスクに焼きたい動画をソフトに追加します。焼き用のR/W対応DVDディスクをドライブにセット忘れないように注意してください。R/W対応するDVDをドライブに挿入した後、下にある「保存先」を押して出力先をDVDディスクを指定します。

動画をソフトに追加

2、DVDメニューを作成する

続いて、DVDメニューの作成画面に入ります。画面の右側に行事、家族と結婚などのテンプレートを無料で提供します。お好みによって自由に利用してください。メニュー画面が不要の場合には右下の「メニューなし」をクリックしてください。

メニューを作成

3、DVDへの書き込み

最後に、設定画面に入ります。書き込みたいDVDディスクを選択します。準備ができたら、「開始」ボタンを押します。すると、DVDへの書き込みが開始されます。完成するまで少々お待ちください。

動画をDVDに焼く

以上はWindows dvd メーカーの使い方とWindows10での起動ができない時の対策の説明です。DVDを作成する際ぜひご参考ください。

評価: 4.3 / 5 (合計 57 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
Windows DVDメーカー

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.