製品一覧 →
  • 目  次

【超簡単】MPGとWMVを相互変換できる方法

筆者 星野 毅 2018-04-27

WindowsユーザーとMacのユーザーの間で動画を共有したいなら、相手のパソコンが標準サポートする動画ファイルを配慮する必要がありますね。Windows会社が開発したWMVを例に挙げてみましょう、WindowsパソコンならもちろんWMV動画の再生に対応できますが、MacではWindows社のWMV形式に対応できませんので、WMVをうまく再生できないです。

ですから、WMVをMPG形式に変換してから、Macを持つ友達に共有するか、あるいは友達からもらったWMVを自分のMacに再生する時、WMVをMPGなどMacが対応できる形式に変換するのもなかなか手間の抜けないステップです。

また、Windowsのユーザーにとって、高い圧縮率を持つWMVはMPG動画より小さいファイルサイズで同じ画質で動画を保存できますので、。動画をより小さいファイルサイズのWMV形式でパソコンに保存するのも空き容量を増やせる方法です。

何かの原因でWMVをMPGに、MPGをWMVに変換したいなら、本記事に紹介した「VideoSolo 無料動画変換」で手軽くWMVとMPGを相互転換できる方法を試しましょう。

MPGとWMVを相互変換する

強力で信頼性の高い専門ソフトとして、「VideoSolo 無料動画変換」は300種類以上の動画の相互転換に対応できます。一方で、画面が簡潔で、パソコンの操作があまり分からない方でも手軽く操作できます。しかも、「VideoSolo 無料動画変換」は複数の動画を一括で同じ形式か、違う形式か変換することで、ユーザーの時間を節約してくれます。

ステップ1、「VideoSolo 無料動画変換」をダウンロード・インストール

ダウンロードアイコンで「VideoSolo 無料動画変換」をダウンロードします。

VideoSolo 無料動画変換
VideoSolo 無料動画変換

VideoSolo 無料動画変換は無劣化で動画を300以上の形式に変換できる無料ソフトです。

無料利用

動作環境: Windows XP - 10

無料利用

動作環境: Mac 10.8 - 10.13

ステップ2、動画ファイルを追加

MPG、あるいはWMVを「ファイルを追加」アイコンでソフトに追加します。

動画を追加

ステップ3、変換したい形式を選ぶ

「出力形式」でMPG形式か、WMV形式か、場合によって選んで、「出力フォルダ」で動画の出力先を選択します。そして、「変換」アイコンを押します。

出力形式を選択

ステップ4、変換したい形式に変換

動画の変換が始まります。作業が完成するまでお待ちください。

動画を変換

もし変換した動画を編集したいなら、こちらの「VideoSolo 究極動画変換」もユーザーに推奨します。「VideoSolo 無料動画変換」と同じく変換する機能が搭載されたら上、動画編集する機能もあります。クリップ、クロップ、ウォーターマーク、回転などの機能を使うことで、動画をカスタマイズできます。編集に興味の持つ方々は是非試してください。

MPG WMV 相互変換

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.