【超簡単】DVD動画をiPadで再生して見る方法

伊織 伊織 2020-04-10

いつもテレビやパソコンでDVD動画を視聴しますが、家でじっくり見る時間がなくなる場合に、その動画をiPadに入れて、外出中や移動中に視聴するのも一つの方法です。特に大画面のiPadでDVDを見るのが快適です。更に、iPadが持ちやすいので、寝転びながら見ることもできます。

しかし、iPadにDVDを直接取り込んで再生できません。DVDの動画をiPadで視聴するにはまずDVDをiPadで再生できる動画形式に変換しなければなりません。すると、DVDを変換できるソフト「VideoSolo BD-DVD リッピング」が必要となります。

関連記事:
Windows 10対応!ブルーレイを再生できるソフト

ISO形式のBD/DVD動画を再生できるプレイヤー

DVD動画をiPadに入れて再生する方法

VideoSolo BD-DVD リッピング」は日本で初登場のDVDリッピング、ブルーレイリッピング二つ機能を同時搭載する革命的なソフトです。市販DVD、レンタルDVDなどブルーレイやDVD動画の品質を最大限に維持した動画ファイルを出力できます。選択可能の汎用出力形式がたくさん提供し、iPadなどデバイス別の専用形式も提供します。

1、「VideoSolo BD-DVD リッピング」をインストールする

下にある「無料試用」ボタンで、ソフトをダウンロードしてからインストールします。そして、ソフトを起動してください。

VideoSolo BD−DVDリッピング
VideoSolo BD−DVDリッピング

DVD・BDをリッピングしてMP4、MKVなどの汎用動画形式に変換できる実用なソフト

  • DVD・ブルーレイに対応
  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 無損失の出力は可能
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載
今すぐ利用

Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.8から

2、DVDディスクをロードする

まず、ディスクをDVD対応のドライブにセットしてから、ソフトの上にある「DVDをロードする」をクリックして、ディスクを読み込みます。

DVD動画の追加

3、変換したいプレイリストを選択する

読み込みが完成したら、ソフトはメイン動画を自動に検出して表示します。ディスク内の他の動画もリッピングしようとする場合、「タイトルリスト」一覧を開いてからご需要によってリッピングしたい動画タイトルをチェックしたらいいです。

なお、動画の字幕、音声の吹き替えを選択したいなら、チャプターの下にある「字幕」「音声」をクリックして、簡単に調整できます。

プレイリストを選択

4、iPadに対応する出力形式を選択する

そして動画の右側にある出力形式ボタンを押すと、出力可能の形式メニューが現れます。iPadに変換する場合、「デバイス」>「Apple」の順で選択すればよいです。iPhone、Androidなどのデバイス別の対応形式を指定したいなら、メニューからも探せます。

出力形式を選び

5、変換を開始する

準備が出来たら、DVDの変換という最後のステップに入ります。変換する前に、「出力先」ボタンで出力先を指定できます。そして、「すべてリップ」をクリックりすると、DVD変換が始まります。完成するまで少し時間が掛かりますのでお待ちください。

ダピングを開始

それから、変換された動画をiPadに転送するステップに入ります。具体的なやり方はここをクリックして、ぜひご参考ください。

以上書いているように、数ステップでDVD中の動画ファイルを抽出することができます。後に、iTunesを経由して、変換したDVDの動画ファイルをiPadに転送したら、iPadでゆっくりと楽しめます。iPadだけではなく、iPhoneや他のタブレットデバイでの再生視聴も可能になります。ここをクリックして、もっと関連記事をご参考ください。

評価: 3.9 / 5 (合計 83 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
iPad DVD 再生

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.