• 目  次

DVDをiPhoneに取り込む方法を詳解!Mac·Winとも対応可能

筆者 星野 毅 2019-08-02

日本国内でiPhone持ちは過半数ですごく人気を誇ります。iPhone持ち様はどうすれば気に入るDVD映画をiPhoneに取り込んで視聴しますか。

「DVD動画をコピーしてiPhoneに入れるのは普通でしょう」という返事が届くかもしれません。しかし、DVDデェスクにコピーガードがかかられるから、普通のようにDVDをiPhoneに取り込むことは無理です。DVDをiPhoneに取り込むには、予めコピーガードを解除しなければなりません。一方、iPhoneでDVD映画を再生しようとしたら、DVDをiPhoneに対応する動画形式にリッピングしなければなりません。また、「iPhoneに対応でする動画形式はどんな形式でしょうか」という疑問を抱く方はいるかもしれまえん。

ご心配なく、ここでは、DVDコピーガードについてとiPhoneに対応する動画形式、またはWin・Mac対応のDVDをiPhoneに取り込む無料ソフトをご紹介します。

関連記事:
【大ヒット!】2018人気があるDVDリッピングフリーソフト4選

【無料リッピング】おすすめのブルーレイをリッピングできるソフト

パート 1、DVDデェスクに内蔵されたコピーガードとは

コピーガードとは、BDやDVDやVHSなど映像メディアや、CDやMDなどの音楽メディア、その他、パソコンソフトやゲームソフトなど各種メディアにおける無断複製を防止するため、メーカーから、その著作物が複製出来なくなるようにしておく仕掛けのことです。メーカーによって、DVDデェスクにCSS、リージョンコード、APS、UOPs、ARccOS、RipGuardなど異なるDVDコピーガードを設置します。

パート 2、iPhoneに対応する動画形式

iPhoneで再生する動画ファイルの拡張子は「.MOV」「.MP4」「.M4V」のみとなります。 「.MP4」はMPEG4形式で圧縮された動画ファイルの拡張子です。その特長は小さなサイズでも綺麗な画質で再生することができることです。標準ビデオ形式なので、多くのハードウェアに対応できます。「.MOV」はApple社が開発したマルチメディアコンテンツ記録・再生方式で、「QuickTime」で作成されたビデオファイルに付く拡張子です。「.M4V」と「.MP4」はすごく似ていますが、「.M4V」は音声なし動画だけ格納する拡張子ですが、「.MP4」は音声も動画も格納する拡張子です。

パート 3、VideoSolo BD−DVDリッピングでDVDをiPhoneに取り込む

VideoSolo BD−DVDリッピング」はほぼすべてのコピーガードを一発解除できるリッピングソフトです。iPhoneではなく、iPad、iPod、Androidなどのデバイス専用形式の出力もサポートできます。注目されるのは「intel加速テク」「AMD加速」などのハードウェア加速テクを搭載して、業界より50%スピードアップします。

では、下記の手順に従ってDVDをiPhoneに取り込みましょう。

1、「VideoSolo BD−DVDリッピング」をダウンロード·インスト―ルする

動作環境によって下にある「無料体験」ボタンを押してください。ソフトをダウンロードしてから、パソコンにインストールします。その次、ソフトを実行させます。

VideoSolo BD-DVD リッピング
VideoSolo BD-DVD リッピング

VideoSolo BD-DVDリッピングはブルーレイ・DVDディスクの動画をパソコンにリッピングできる革命ソフト。

無料体驗

動作環境: Windows XP/7/8/10

無料体驗

動作環境: Mac 10.8から

2、DVDディスクをロードする

DVD対応のドライバとパソコンに繋がってから、DVDディスクをドライブに入れてください。ソフトの左上に「ディスクをロードする」ボタンでディスクを読み込みます。

DVDディスクを追加

3、変換したいプレイリストを選ぶ

読み込みができたら、ソフトの画面にディスク中の動画が全て表示されます。取り込みしたいDVD動画プレイリストにチェックを入れてください。

プレイリストを選択

4、出力形式をiPhoneに指定する

その後、「プロフィール」をクリックし、出力メニューができます。「Apple iPhone」の中にiPhoneの機種によってファイルの拡張子を選びます。
出力形式を選んだ後、「参照」ボタンでパソコンにDVDをiPhoneに取り込みたいファイルの保存先を設定してください。

出力形式を指定

5、変換を開始する

準備ができれば、「変換」ボタンをクリックしてiPhoneに対応可能の形式への変換は始まります。DVDディスクへの読み込む時、完成するまでディスクをドライブから取り出しないように少々お待ちください。

出力を開始

これで、DVD動画をパソコンに取り込みすることができました。

パート 4、iTunesでDVD動画をiPhoneに転送する手順

これから、DVDから抽出した動画ファイルをiTunesでiPhoneに転送する手順を説明します。

1、iTunesを実行させる

iTunesをダウンロードする公式サイト:
https://www.apple.com/jp/itunes/download/

上記のダウンロードリンクでダウンロードしたiTunesをインストールしてからiPhoneとパソコンをケーブルで繋ぎ、iTunesを立ち上げます。

iTunesを起動

2、変換した動画ファイルをライブラリに追加する

iTunesを起動したら、iTunesの左上にiPhoneのアイコンが表示されるので、ここをクリックします。

ライブラリ

左サイドのメニューから「ムービー」を選択します。変換した動画ファイルをiTunesにドラッグ・ドロップでライブラリに追加します。画面にある「ムービーを同期」にチェックを入れます。

追加

3、動画ファイルをiPhoneに同期する

その後、ライブラリに追加された動画にチェックを入れます。iTunesの右下の「適用」をクリックすると、iPhoneに転送(同期)が始まります。

同期

これで、動画ファイルをiPhoneに転送しました。iPhoneの「ビデオ」アプリで再生します。

ビデオ

終わりに

これで、DVDをiPhoneに取り込む方法のご紹介が終了です。もちろん、ネットでDVDを取り込む無料ソフトを探したら、結果としていっぱいあります。ただし、コピーガードを解除できないこと、iPhoneに対応する出力をサポートしないこと、あちこち思いに至りません。だから、DVDをiPhoneに取り込もうとしたら、「VideoSolo BD−DVDリッピング」は最適なソフトだといえます。

ご興味があれば、この記事を見逃さず使ってみましょう。

評価: 4.2 / 5 (合計 59 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
DVD iPhone 取り込む

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.