【Windows 10対応】おすすめ動画キャプチャソフト6選を比較

伊織 伊織 2020-09-29

ミーティング、ゲームや気に入った動画などを録画して保存たいと思ったことはありませんか。

Windows 10で搭載されているキャプチャ機能でゲームやブラウザ上の動画をキャプチャっして保存できますが、残念ながらディスクトップ全画面、範囲指定した動画のキャプチャはできません。その為今回は、Windows 10ユーザーに向けて、外部の動画キャプチャソフト6選をご紹介していきます。

動画キャプチャソフト一覧

各ソフトの機能をまとめて一覧表に作成します。

                               
動画キャプチャソフト全画面/指定範囲予約録画録画時間長さの設定
VideoSolo スクリーン録画
Capture××
AG-デスクトップレコーダー××
oCam××
Readygo Screen Recorder×
RecButton Free××

1、VideoSolo スクリーン録画

「VideoSolo スクリーン録画」は高画質でパソコンの全画面や任意の範囲をキャプチャーできる専用のソフトです。

VideoSolo スクリーン録画
VideoSolo スクリーン録画

高画質でPC画面・ウェブカメラ・音声を録画・録音できる高性能・多機能な画面録画ソフト

  • 高画質でPC画面の任意範囲を録画
  • スケジュール機能で予約録画・録音可能
  • チュートリアル注釈などの実用機能も満載
  • 1:1品質でWeb動画・生放送を録画
今すぐ利用

Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.8から

特徴:
録画する範囲は全画面のみかわらず、任意で指定した範囲を録画できます。パソコン画面を録画できるソフトとしてウェブカマラ、録画時間の長さ、予約録画など十分な機能を搭載されます。予約録画機能を使えば、録画の開始時間や終了時間を設定することだけで自動的に録画できます。ライブなどを録画したいが暇がない場合に最適です。あとで注釈機能を搭載するのは便利です。例えば、録画しながらマウスカーソルを表示したり、画面内にテキストや矢印を追加したりすることができます。操作解説、ゲーム実況などでワイプ処理が必要ならば、最適解なソフトだといえます。

スクリーン録画

2、Captura

ディスクトップ画面をMP4の動画として録画してくれるフリーソフトです。

特徴:
フリーソフトの性質ですが、使用時に広告が出なかったり、他のソフトをインストールすることはないので安心に使えます。録画範囲は、スクリーンキャプチャや範囲指定に加え、ウィンドウ指定といった録画方法があります。また、音も入れるかを別々に設定することで、動画のキャプチャをする際は同時に音声を含められます。

欠点:
インストール中の言語は英語で、起動した後に日本語に変更できますが、一部日本語が怪しいところや翻訳が不十分で英語が表示されているところもあります。録画した動画をMP4で出力する場合は、別途「FFmpeg」をダウンロードする必要があります。

captura

3、AG-デスクトップレコーダー

無料で使える日本製の録画ソフトです。

特徴:
ディスクトップ全画面の録画、オーディオ録音など一般的な録画機能を搭載します。一般の録画ソフトに比べて低スペックPCでもより高い解像度・高fpsの録画が可能です。出力は独自のAGM形式およびWMV/AVI形式で行えます。AGMは、デスクトップ録画向けに圧縮方法などを工夫し、CPU負荷を低く抑えた状態での高画質録画を実現したものです。

欠点:
設定項目は多くて、使い方は他のソフトより分かりづらいので、録画初心者という方にあまり向いていません。長時間の動画キャプチャをすると、録画したものを複数の動画ファイルに分割して保存されます。

agdesktoprecorder

4、oCam

日本語対応、無料の動画キャプチャソフトです。

特徴:
録画画面に広告ロゴも何も入らないし時間制限も無いことを考えればかなり使い勝手は良いです。インタフェースがシンプルで直感的に操作できます。画面の任意の範囲を指定して録画する機、ウェブカメラ映像の挿入機能や、動画に声を入れられる機能などが備わっています。出力形式はAVI、MP4、WMVの他、外部コーデックの追加も可能です。

欠点:
終了時に4秒広告見せられるのはウザいです。動画にゲームの音が入らない、PCの動作がも重くなってカクカクすることがあります。さらに、録画したコンテンツの画質は元画面より低いと思いますから、画質に拘る方は他のソフトを利用したほうがいいかもしれません。

ocam

5、Readygo Screen Recorder

特徴:
録画サイズは自由に変えて、ウェブカメラとの同時録画ができます。カスタマイズでシステム音やマイク音の切り替えも行えます。そして録画開始時刻は、23時間59分後までの任意の時刻を設定可能です。

欠点:
お試しの時は問題ないですが、そのまま録画を続けていると、音割れのような雑音が混じり、音が早く、録画の動画と時間のズレがどんどん生まれていくというマイナスレビューが多いです。

readygo

6、RecButton Free

特徴:
通常、外部のソフトを使おうとしたら、自分のパソコンにインストールする必要がありますが、このソフトはインストール不要で利用できます。録画したい範囲をドラックすることですぐに録画できます。録画している時の音声については、動画から流れている内部音声に加えてマイク音まで対応できます。

欠点:
本ソフト終了時に full version の購入をお勧めする画面が表示されます。操作が簡単な代わりに、高度な機能は備えていません。ちょっとした録画をする場合だけに役に立つと思います。

recbutton

Windows 10に対応できる動画キャプチャソフトのご紹介は以上です。

私個人的に一番おすすめのは「VideoSolo スクリーン録画」です。ですが、録画ソフトは好みの問題で、直感で自分の気に入った録画ソフトを使えばいいです。

評価: 4.3 / 5 (合計 59 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
Windows10 動画 キャプチャ

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.