製品一覧 →
  • 目  次

【Win・Mac対応】ストリーミング動画を録画して保存する方法

筆者 星野 毅 2018-09-11

我々よく視聴している動画配信サービスなどは基本的にストリーミング再生を行うタイプの動画です。人気動画投稿サイトYouTubeはそのストリーミング動画の典型で、他のインターネット上に投稿されたビデオも一般的にこの方式で再生が可能となっています。

ストリーミング

ストリーミング再生の動画は動画配信サイトにアクセスすればすぐ見れるようになりますが、インターネットがないオフライン再生が不可能で、通信状態が不安定な時は音や映像が途切れたりする恐れもあります。

また、Wi-Fi環境にない場合では、動画を見るにはデータ通信料が非常にかかります。だから、この場合、あらかじめ視聴したいストリーミング動画を録画して保存することの大切さが明らかになりました。

というわけで。今回はパソコンの初心者でも使いやすい「VideoSolo スクリーン録画」でのストリーミング動画を録画して保存する方法を説明します。

ストリーミングとは?

ストリーミングとは、インターネットに接続しながら動画、音声データが視聴する再生方式です。従来の動画は、データをパソコンに読み込んでから表示されるようになっていました。いわゆる普段に使われているインターネットに接続しなくても視聴できるダウンロード型の再生方式を指します。

ストリーミングとは

ストリーミング再生はダウンロードのように端末に転送しないため、設備のストレージ容量を使わないので、ネット環境でさえあれば動画がスムーズに再生できます。

ストリーミング動画を録画して保存する方法

VideoSolo スクリーン録画」はパソコンの画面の任意範囲やフルスクリーンを録画することができる素敵なキャプチャソフトです。動画の画面と音声を同時同期に録画できるのは当然で、カスタマイズを可能にする動画編集機能も搭載しています。CPUとメモリの負荷をおさえたキャプチャ技術を搭載するので、録画しながらパソコンの動作も軽いです。

1、「VideoSolo スクリーン録画」をダウンロード・インストールする

下にある「無料体験」ボタンで、ソフトをダウンロードしてから、インストールしてください。そして、ソフトを起動してください。

VideoSolo スクリーン録画
VideoSolo スクリーン録画

VideoSolo スクリーン録画は高画質でパソコン画面の任意範囲やフルスクリーンを録画できるソフト。

無料体驗

動作環境: Windows XP - 10

無料体驗

動作環境: Mac 10.8 - 10.13

2、録画の範囲と音声を調整する

ソフトを起動してから、画面の左側から一番目の「動画 レコーダー」ボタンで設定ページに移動します。

録画範囲

進んだページで左側から一番目のアイコンの下にある入力欄に数字を入れ替えて、録画範囲を任意に変えることができます。

録画範囲

アイコンをクリックして、録画の設定メニューが現れます。フルスクリーンや常用の録画範囲を選択できます。動画を録画する場合、その中の「全画面表示」を推薦します。

録画の設定メニュー

また「録画」ボタンで録画するウィンドウを選択できます。そして、パソコンの音声を適当に調整します。

録画するウィンドウ

3、録画前の準備をする

ソフトの右上の「より多くの設定」から「マウス」「出力」「ホットキー」などの設定をできます。

設定

動画を録画中にツールバーを隠したい場合、「より多くの設定」の最後のアイコンをクリックするして、表示されたウィンドウにある「録画のツールバーを非表示」にチェックを入ればいいです。また、他の設定も行えます。

ビデオフォーマット

4、録画を開始する

準備が出来たら、「REC」ボタンを押すと、カウントダウンの次に録画が始まります。また、録画中に需要があれば、ツールバーによってスナップショットができます。

録画を開始

5、録画を保存する

録画が終わったら、終了ボタンを押すと、プレビューウィンドが表示します。うまく録画できのかを確認してから、「ビデオを保存」をタップして、録画を保存します。

録画を保存

この方法を利用して、どんなストリーミング動画でも簡単に録画して保存できます。お気に入りのストリーミングがあれば、録画して保存しておき、外出中や移動中などインターネット環境ではない時もゆっくり動画を楽しめます。パソコンで一度録画し保存するだけで、その動画ファイルをスマホ、タブレットに転移して視聴できます。

ストリーミング 動画 録画

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.