動画をYouTube(ユーチューブ)にアップロードできない時の対処法

筆者 星野 毅 2020-08-20

YouTubeは世界中に最大の動画配信サイトで、毎日数多くの動画がアップロードされます。動画をユーチューブにアップロードして親友とシェアする方も増えています。しかしYouTubeは動画形式、サイズと解像度の制限がありますので、どんな形式の動画をアップロードできるではありません。

この場合、動画をYouTube(ユーチューブ)にアップロードできない時、専用の動画変換ソフトで動画をYouTubeに対応される形式に変換すればいいです。ここで、YouTube対応の形式、サイズと解像度、またYouTubeにアップロードできない時の対処法を皆さんに解説します。

YouTube対応の動画形式

• MOV (QuickTime ムービー)
• MP4 (MPEG-4 Part 14)
• FLV (Adobe Flash)
• AVI (オーディオ ビデオ インターリーブ)
• WMV (ウィンドウズ・メディア・ビデオ)
• 3GPP (3rd Generation Partnership Project)
• MPEG4 (Motion Picture Experts Group)
• MPEGPS (Motion Picture Experts Group)
• WebM (HTML5)

YouTube対応のサイズと解像度

• 2160p (4K): 3840x2160 (16:9)
• 1440p (2K): 2560x1440 (16:9)
• 1080p: 1920x1080 (16:9)
• 720p: 1280x720 (16:9)
• 480p: 854x480 (16:9)
• 360p: 640x360 (16:9)
• 240p: 426x240 (16:9)

動画をYouTubeにアップロードできない時の対処法

初心者にとって動画の形式、サイズと解像度をYouTube対応のように設定することは、実に複雑だと思います。この場合、動画変換の専用ソフト―「VideoSolo 究極動画変換」を使えば手軽に解決できます。

「VideoSolo 究極動画変換」は使いやすいインターフェース、高速な変換と無劣化の出力などの機能を搭載して、無劣化で動画を300以上の形式に変換できます。

1、「VideoSolo 究極動画変換」をダウンロード・インストールする

VideoSolo 究極動画変換
VideoSolo 究極動画変換

動画変換、動画編集、動画圧縮、またはGIF作成など実用機能を搭載する多機能なソフト

  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 実用的な動画編集機能が満載
  • 動画圧縮・GIF作成に対応
  • 「超高速・無劣化」の形式変換
今すぐ利用

Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.8から

2、YouTubeにアップロードしたい動画を追加する

「ファイルを追加」のボタンまたはソフト画面の真ん中にある「+」ボタンで、アップロードしたい動画を選択してソフトに追加します。

動画を追加

3、YouTube専用形式を選択する

ソフトの下にある「出力形式」をタップして、それからメニューの下にある検索欄に「YouTube」などのキーワードを入力、YouTube専用形式を検索します。そして需要によって形式を選択します。

専用形式を選択

4、動画をYouTube専用形式に変換する

「すべて変換」ボタンを押すと、YouTube専用の形式への変換は始まります。完成するまで少々お待ち下さい。

YouTube専用形式に変換

5、変換した動画をYouTubeにアップロードする

YouTubeにアクセスして、アップロードページに入ります。パソコンからアップロードしたい動画を選択します。その後は、タイトル、説明、カテゴリーやタグなどのインフォメーションを入力してください。最後、「完了」をクリックすれば、動画をYouTubeにアップロードしてシェアすることができます。

YouTubeにアップロード

以上です。お役に立てば嬉しいです。

評価: 4.3 / 5 (合計 57 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
動画 YouTube アップロード

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.