3D技術への理解:ガイドの前置き


3Dと言えば、本当の意味ご存知ですか?もし3D技術について詳しくご存知になりたいなら、ここはユーザーにとって、一番正しいところです。ここは3Dの意味、3Dムービーフォーマットの説明や2Dを3Dに変換する方法などについて、いろいろな情報をご提供します。


3D
 Part1

3Dの概要


• 簡単に言えば、3Dは三つの次元にで、広さと高さと深さがあるということです。

• バーチャルライティング、カーラー、透視図、質感からなっている画面を3Dで再現します。

• 写真などの伝統的なフラット(2ディメンション)に深さを加える時、3Dはよく使われています。

• 伝統的なフラットバージョンより、3Dテレビジョン、3Dムービーや3Dイメージにおいて、3D技術はエンターテイメント技術として人気があります。

 Part2

3Dの働き方


3Dテレビと3Dムービーとのスクリーンはフラットが、3D効果の作り方はなんでしょうか?3D 技術の基本原理を解明する前に、人間の視覚原理を説明しなければいけないと思います。両目の間には距離的に3インチの差があります。そして、両目間の距離差により少し違うイメージを脳内に転送します。脳内はその差を復元し、深さの感覚を生じるということです。

3Dは脳内で一連の空間を作るという技術です。3Dは画面を分割する手段を利用して、仮想の深さを脳内で再現します。3Dは違う画面を目に写し、視聴者に3D錯覚を体験させられます。そして、3Dグラスでこれらの画面を解析し、両目に立体感が与えられる画面を写すということです。

 Part3

よく使われる3D ムービー/テレビフォーマットの説明


1.アナグリフ 3D

アナグリフは3D視聴において、史上に初めての方法の一つです。アナグリフのセットアップは簡単できるので、今になっても人気があります。設備の方にはレッド/ブルーかレッド/グリーングラスを配置する必要があります。左目グラスは通常レッドを使います。同時に、右目はシアン、ブルー、グリーンなどの違うカラーを使います。

視覚シーンは違うカラーに表示されるフレームからなっています。そのフレームは左と右に分けています。また、カラーグラスは画像分割を担当します。3D画像の再現はほぼ無劣化でできます。一つすつの目は3D画像処理によって、シーンの異なるカラーが見えます。人脳は以上のデータからカラーインフォメーションを再分析できるわけです。

アナグリフ3Dグラスをかけると、テレビ、コンピューターモニター、ポータブルディバイスまでアナグリフ3D動画を鑑賞できます。

アナグリフ画像のサンプル:

Anaglyphs 3D

2. スプリットスクリーン3D

スプリットスクリーン3Dはサイドバイサイド3Dとトップアンドボトム3Dとの二つのモードがあります。

サイドバイサイド3D

サイドバイサイド3Dでは、3D画像は左半分と右半分との2D画像からなっています。左目は左半分の画像を、右目は右半分の画像を見るように、フレーム全体を水平的に圧縮します。サイドバイサイド3D信号を受信する時、3Dテレビは各目フレームを抽出して、各フレームを分割させるようにします。 それから、スケーリングアルゴリズムで、これらのフレームをフルHD解像度に再調整します。その後、フレームシーケンシャル方式でこれらのアップスケールフレームを交互に表示します。

• サイドバイサイド(ハーフ幅):3Dビデオの左右視図はハーフ解像度においてサンサンプルに近いです。画面は次第に拡張して、広さを埋めるように表示します。

• サイドバイサイド(フルー): 水平的な左右のものはフルー解像度で再現します。タブーフレームレットとハイクオリティーを帯びるに伴い、ファイルサイズも大きくなる欠点があります。.

例として、720P(1280*720の解像度)の動画をチェックしましょう。.

サイドバイサイド(ハーフ幅)

サイドバイサイド(フルー)

左目フレームの解像度

640*720

1280*720

右目フレームの解像度

640*720

1280*720

フレーム全体の解像度

1280*720

2560*720


サイドバイサイド3D画像のサンプル:

Sample image of SBS 3D

トップアンドボトム3D

トップアンドボトム3Dはほぼサイドバイサイド3Dの原理と同じです。トップアンドボトム3Dフォーマットは動画フレームを二つのサブフレームに分割します。上側のサブフレームは左目にあわせ、下側のサブフレームは右目に合わせます。

• トップアンドボトム(ハーフ幅):ソースビデオの解像度を維持する

• トップアンドボトム(フルー):オリジナルビデオの垂直解像度を倍にする

もしサイドバイサイドかトップアンドボトムでビデオを再生したいとしたら、3D PC、3D TVあるいは3Dグラスが必要とします。また、SBS 3Dとトップアンドボトム3Dビデオはアナグリフ3Dよりもっと素晴らしい鑑賞体験を帯びられます。

トップアンドボトム画像のサンプル:

Sample image of Top-and-Bottom 3D

 Part4

2Dを3Dに変換する方法


VideoSolo 究極動画変換は2D動画を3D MKV、MP4、MOV、WMV、AVIなどに変換できる3D変換ソフトです。このソフトはアナグリフ3Dとサイドバイサイドとトップアンドボトム3Dとの三つの3D効果があります。3Dに変換してから、3D動画を3DTV、3D動画プレーヤーか3Dディバイスで再生してください。

Convert 2D Video to 3D

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.