• 目  次

EditFUNインターフェースの紹介【EditFUN活用記事】

筆者 星野 毅 2019-04-24

EditFUNのインターフェースは以下五つの内容が含みます:

EditFUNのインターフェース

①、メニューバー

メニューバーには「プロジェクトの管理」「保存」「名前を付けて保存」「インポート」および「エクスポート」のボタンがあります。

メニューバー

②、ライブラリ

ライブラリとは素材を保管するところです。ビジオ、画像、オーディオ及びラーフカットされた素材がここに保管されています。素材がインポートした限りタイムラインにインポートられ、動画の作成ができます。

③、プレビューウインドウ

アイムライントラックにクリップ中の動画をプレビューするところです、再生ボタンがついています。クリップ中の動画が即時に観察られます。

④、編集バー

編集バーには「キャンセル」「元に戻す」「切断」「削除」「編集」及び「挿入・カバーレジモード」があります。

編集バー

トラックでのある素材を選択し、編集バーの「編集」をクリックしてから「エフェクトのテンプレート」「プロパティを編集」及び「キーフレームを編集」に入られます。

編集バー

プロパティを編集

⑤、タイムライン

タイムラインとは動画をクリップするところです。ライブラリの素材をいずれのタイムラインの中にドラッグあまは追加し、そしてそれらの素材を編集とクリップして動画をつくります。タイムラインのトラックが上から下までカバーあるいはレイヤープロパティがあります。

評価: 4.3 / 5 (合計 58 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
EditFUN インターフェース

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.