• 目  次

素材ラフカットの使い方【EditFUN活用記事】

鈴川 霧 鈴川 霧 2019-05-06

今回は「VideoSolo EditFUN」の素材ラフカットの使い方を紹介します。素材ラフカットとは素材ライブラリウィンドウを通して直接にビデオ、オーディオや画像を粗くクリップする機能です。それからラフカットされた素材をタイムライントラックに追加してから細かいクリップ作業をします。

VideoSolo EditFUN
VideoSolo EditFUN

VideoSolo EditFUNは洗練された美しい動画を仕上げる動画編集ソフト。

無料体驗

動作環境: Windows XP - 10

 1、ラフカットウィンドウの起動方法

起動方法はライブラリにある素材を右クリックやダブルクリックして「ソースをラフカット」を選択するのです。または素材を一つインポートする時、ラフカットウィンドウは自動に現れます。

起動方法

 2、ビデオとオーディオのラフカット

ビデオとオーディオのラフカットウィンドウに、プログレスバーのクリップアイコンを移動して需要によってビデオとオーディオをラフカットします。完成したら「インポート」をクリックしてください。

ビデオとオーディオのラフカット

 3、画像のラフカット

画像のラフカットウィンドウに表示持続時間の枠に時間を入力して(単位:秒)、画像の表示持続時間を調整します。最後「インポート」を押してください。

画像のラフカット

ラフカットで編集された素材はは元素材を置き換えるが、ラフカットする前にタイムライントラックに追加した素材は大丈夫です。

評価: 4.3 / 5 (合計 57 評価) ご評価いただいてありがとうございました。
素材 ラフカット

Copyright © VideoSolo.jp. All rights reserved.